Archive for 2017

DLC ザ・コンセクエンス その4(32)






その32です。



場所がまた変わり、本編でセバスチャンが逆さ吊りにされていた場所へ。サディストがいないと分かっているのに怖いです(汗)。サディスト嫌い。



セバスチャンがどのように動いていたのかという残像を見ながら進みます。








気づけば、ザ・アサインメントで通過した場所に戻ってきています。そして、その中でソードオフショットガンを入手。



喜びも束の間、これ個人的にとっても使いにくいんです。1発撃つごとにリロードが必要だし、そのリロードが遅いのよね。弾薬を詰めた後、片手でカシャンと銃身を持ち上げるモーションが入るんですが、これが遅い要因なのかな~。下動画の30~40秒辺りが分かりやすいと思います。







奥に進んだところ、ドアを開けて突然アンノウンが出てきたときはリロードが間に合わず、ラウラの腕に掴まって死亡。くぅ~何度も殺られました。








DLC の最初、STEM に入る処置をしてもらったところまで戻ってきた。謎の上司にはガッカリされてますが、まあ気にしない。何が正しいのか、キッドマンの信じた道をゆくのみです!




***




ザ・アサインメント、ザ・コンセクエンスとプレイしてきた、DLC 二部作も次回がいよいよラストになると思います。本編ではセバスチャンは STEM から脱出できていたけど、キッドマンはどうなるんだろう?




Posted in | コメントを残す

DLC ザ・コンセクエンス その3(31)






その31です。



DLC ザ・コンセクエンスもチャプター4に入ります。いよいよ物語も終盤。本編でいうチャプター13と同じ時間軸となっていて、荒廃甚だしいホテルを進んでいきます。



本編でセバスチャンがワイヤーの切れそうなエレベーターを落下させるシーンがあり、DLC でキッドマンがエレベーターのドアを開けたら、上からものすごい勢いでエレベーターが落下してくる、というように繋がっているのがなんとも言えない。








「敵に見つからず、不殺でホテルをクリアする」という実績の解除条件があるので、何度もやり直して無事に解除。



単純に敵に見つからず、不殺で行くだけならそんなに難しくないんですが、レスリーを救出しながら進まなきゃいけないので、少ししんどかった。



で、レスリーを救出したらルヴィクが乗り移ってこちらに銃を向けるとかね。








ホテルを出た後の公園。本編だとキッドマンの後ろに立つのはセバスチャンですが、DLC では謎の上司になっています。ひょっとしたら、本編でセバスチャンがいたように見えただけで、実はキッドマンの脳内の出来事だったのかなと思ってみたり。








暴走したレスリーはチカラが抑えきれず、群がる敵に対して衝撃波のみで瞬殺。恐ろしい子ですわ。








頻繁に場所が変わる中、謎の上司とマルセロ医師との記憶の残像。



突然死した被験者の原因を探ると、STEM の中にルヴィクがいることを突き止めた様子。STEM にアクセス(進入)してきた輩を片っ端から始末していくわけだから、メビウスの思惑を根底から覆すわけで、謎の上司も「早く対処するのだ!」と焦りますよね。



ルベンを殺して、脳と内蔵だけにするからこういうことになる。DLC はどのような結末になるのでしょうか。




***




ラストに近づいている感があまりない気がする。やっぱり DLC だからかなあ。



Posted in | コメントを残す

DLC ザ・コンセクエンス その2(30)






その30です。



キッドマンもビーコン精神病院に向かうのが先決だと気づいた模様。ある意味、ジョセフよりも気づくのが早いので、彼女もすごいですね。








「カバー」「誘導」と来て、「突き落とす」ができるようになりました。敵さんが落としてくれ~と言わんばかりの場所に立つので突き落とさせてもらいました。本編でもできたらアクションの幅が広がったのになあと、ちょっと惜しい気持ちです。








眼下にはセバスチャンがシャッター前のラッシュ中。本編で言うと、チャプター11の中盤過ぎってところでしょうか。



実はこの後、本編でセバスチャンがゴンドラに乗って敵をやっつけるシーンがあるんですが、キッドマンもその場所で先に戦闘を済ませました。キッドマンが先に戦闘を終えていたのかと思うと、何故か感慨深いものがあります。本編と DLC が交差しあっているのはイイ感じです。








何でもないシーンをキャプチャしたのですが、何故これをキャプチャしたのかと言えば、ハンドガンを持って走る後ろ姿が「バイオハザード4のレオン」にそっくりだったから! 微妙に腕の角度が違うと思いますが、もうこれはバイオ4です。








本編、チャプター11の終盤に怪物化したセバスチャンをキッドマンが撃つというシーンがあったのですが、実は撃った場面は見えず発砲音だけだったんです。その後のカットシーンで「俺を撃ったのか!?」みたいなやり取りがあったので、キッドマンはセバスチャンを撃ったのだろうと想像していたのですが、DLC では撃ったけど当てていなかった(当たらなかった?)ことが判明。



最初はメビウスのエージェントとして動いていたキッドマンですが、冷徹なメビウスのやり方に疑問を持つようになり、セバスチャンとジョセフに恩を感じるようになったようです。うん、なんかいいですね。








謎の上司としては面白くない。しかも、キッドマンはレスリーを殺害することが一番の解決策だと決めた。それは許されないわけで、謎の上司との追いかけっこが再燃。







で、その追いかけっこのゴールが本編でいうチャプター12のバスなわけです。本編だけプレイしていると、いきなり走ってきたキッドマンが「やばいやばい」な状況になっていて、バスに乗り込むなり急発進させましたが、実はこういうことがあったから急いでいたわけですね。



おそらくスッキリしているのは管理人だけかと思われます(笑)。








スピード感あふれる中でチャプター3のクリア。いよいよ次がラストチャプター。セバスチャンがラスボスと戦っている間、キッドマンは何をしていたのか、そしてその後どうなるのか、とても気になります。




***



気づいたら画像いっぱい、以前と同じエントリーになっちゃってますね(汗)。そういえば、ザ・アサインメントから追いかけていたシェードを倒しました。最後の断末魔が嫌いです。よかったら観てね。









Posted in | コメントを残す

DLC ザ・コンセクエンス その1(29)






その29です。



DLC 第2弾である「ザ・コンセクエンス」を開始します。第1弾の「ザ・アサインメント」の後編で、主人公はキッドマンです。本編のサイドストーリーが全て語られないままザ・アサインメントが終わってしまったので、ザ・コンセクエンスには納得のいく結末になることを期待しちゃいます。








目を覚ましてみればどこかの病室。STEM から脱出し、現実世界に戻れたのねと安心していたら……








病室を出たらタティアナがいる施設に様変わり! やっぱり、STEM から脱出できていないみたい。残念。








しょうがないので STEM から脱出する方法を探しながら移動していくと、椅子に座ったまま動かないシェードがおりまして。



とりあえず近づいてみるけど全く動かない。なので安心して次のドアを開けてみれば「キェェェェ!」とか言って立ち上がるし。それからまた鬼ごっこです。








シェードを無事にまいた後、謎の上司とマルセロ医師との記憶の残像を見る。



少し前のエントリーで「ルベンは対処済みだ」と謎の上司が発していた言葉の意味がここで分かる(まあ、薄々分かってはいたけれど)。脳や内蔵各種を試験官に入れられ、STEM を開発するための道具になってしまった模様。



ルベンはそれを分かっているので、ルヴィクを作り出してメビウス他、STEM を横取りしようとする輩から守ろう、復讐しようとしていると。








これまでの記憶の残像を見てきて、さすがにキッドマンもメビウスやマルセロ医師が危険なことをやろうとしていることに気づく。とにかく、まずは STEM から脱出する方法を見つけなきゃ。








と思っていると、その思考を読み取っているのか(おそらく全て筒抜けでしょうね)謎の上司が STEM 内に入ってきて、キッドマンを「更生」させようと脅しにかかってくる。



現状、メビウスの思惑とキッドマンの思考に解離が生じているのは誰が見ても明らか。ルベンの復讐、メビウスの横取り、レスリー救出、STEM からの脱出、セバスチャンも気になる……と何から手を付けていいのか分からないけど、とにかくやるしかないようです。




***




ようやくストーリー全体が把握できてきた感じです。ストーリーを補完してくれる、こういう DLC はいいですね。




Posted in | コメントを残す

DLC ザ・アサインメント KURAYAMI モード(28)






その28です。



ザ・アサインメントをクリアしたので次の DLC へと思ったのですが、ザ・アサインメントの実績をコンプしていないことに気づく。あぁ、そう言えばクリアしたときの特典として「 KURAYAMI モード」がアンロックされたっけ。



というわけで、KURAYAMI モードをクリアしてザ・アサインメントの実績コンプといきたいと思います。








モードの名前とおり、まさに暗闇です。謎の上司に会ったりするシーンはまだ良かったんだけど、STEM の中に入って起きたらもう真っ暗。上画像は何の修正もしておりません。まんまです。



フラッシュライトを入手するのにも手間取る暗さ。むむむ、この先大丈夫かしら?








難易度的には1周目の SURVIVOR と変わらない感じがします。ただ真っ暗なだけ。でも、初めてライトウーマンがこちらを索敵したシーンはちゃんとカバーしていないと見つかります。1周目のときはただしゃがんでいれば大丈夫だったのにね(汗)。








何気なく灯っていた壁のランプも全て消灯状態。1周クリアしてマップが頭に入っていないとかなり苦労するレベル。それくらい真っ暗。フラッシュライトだけが頼りです。



上述したとおり、難易度の変化はないみたいで安心。これで敵が新たに配置されていたりしたらキレるわ。








とは言え、じっくり1周してますからね。少し危ういところもありましたけど、あまり苦労せずにクリア。苦労したところはジョセフと戦うところかな。1周目と違って仕掛けを使わせていただきました。ありがとうございました。



暗闇という印がかわいいです(笑)。




***




ザ・アサインメント実績コンプ。これで次の DLC ザ・コンセクエンスに進めます。6月中には実績コンプできるかもと書きましたが、無理っぽい臭いがし始めました。7月中には実績コンプしたいと思います(汗)。




Posted in | コメントを残す

DLC ザ・アサインメント クリア(27)






その27です。



のっけから実績解除の画像で失礼します。



「破れた手紙」という収集物を回収し、それをパズルのように並べていくと1枚の手紙になってポコン。パズル自体は難解ではなく、直感的にできたのでよかった。



この破れた手紙を入手するには金庫を開ける必要があるのですが、少し離れた壁のヒントを見つけたり、血糊がついたボタンを順番に押したりと、なかなか楽しいものでした。実はヒントがランダムだったことを後で知り、攻略研究所を修正したのでした。








教会を目指すキッドマンとレスリー。



本編でセバスチャンがセンティネル(クソ犬)と戦ったところには双子の巨人の片割れがおりまして、追いかけられる2人。まあ、レスリーはいつものように先に逃げてしまい、標的になるのはこっちなんですけどね(汗)。








無事、教会に着くもルヴィクが現れて問答となります。STEM を起動させるのにレスリーが必要なのは分かっていましたが、レスリーを器にしてその中にルベン(ルヴィク)が入ることでキーになるらしい。



今までオロオロしていたレスリーでしたが、ルヴィクが中に入ったのでしょう、キッドマンの首を掴んで圧倒してきました。レスリー操作されてます。








そんな騒ぎの中に謎の上司も入ってきてカオスとなる教会。いつの間にかレスリーとルヴィクは消えていて、謎の上司はキッドマンを拘束しようと追いかけてくるし、でも逃げなきゃ殺られるしで、もう大変。



謎の上司の影に捕まらないよう逃げるキッドマン。








ハラハラのシーンを駆け抜けてザ・アサインメントのクリア。DLC だから軽い作りでしょ? と想像していましたが、確かに本編ほどの重厚感はないもののよくできていますね。



でも、ストーリーは全部語られておりません。次の DLC ザ・コンセクエンスで完結かな。








というわけで、約2時間30分でクリア。ジョセフごめんね、ごめんね~。




***




本編の外伝となっている DLC 。突拍子もない内容でもなく、矛盾もなく、本編と同期しながら進んでおります。次の DLC に期待。




Posted in | コメントを残す

DLC ザ・アサインメント その5(26)






その26です。



なんかよく分からないけど、「彼」にキッドの存在がバレたらしい。なので、非常に残念ではありますが、その「彼」を消さなきゃいけなくなった模様。ちなみにその「彼」とは「ジョセフ」のことです。ひぇぇぇ。



ジョセフを殺す必要はないと主張するも却下を食らい、さらに「キッド、お前は弱い」とだとさ。やってらんねー。








ジョセフと合流するも、やっぱりジョセフにバレていたようでレスリーは渡さないと言われてしまう。



また、おとなしく命令に従っておくべきだったな! とか言われましたが、一体いつ命令に背いたのかもわからんちん。








というわけで戦闘になりました。



エリアには 8mm 映写機やフラッシュ・ボルトと同機能のガジェットなどの仕掛けがあり、それを利用することでジョセフの気を引いて攻撃しやすくなるのですが、実績の解除条件には「仕掛けを使わずにジョセフを倒した」となっているので、上動画のようになりました。何回やり直したことか……。








ジョセフを倒してしまったショックからか、気を失ってしまうキッドマン。目覚めたところは本編でセバスチャンとジョセフが訪れた村の市場でした。



収集物を回収していく中で、どうやらキッドマンはこの村の出身だということが分かります。母親にネグレクトを受けていたようで、かなりやさぐれていたようです。で、ひょんなことからメビウスなのか警察なのか分かりませんがスカウトされて現在に至るって感じ。








本編ほど多くないけど収集物も回収しています。全部集めたので実績解除。ザ・アサインメントのクリアも近い?








敵になった村人から逃げ、遂にレスリーと合流・保護に成功。教会に行きたがっているので連れていくことになりました。




***




ザ・アサインメントもいよいよ終盤。どうなっていくのでしょうか?



Posted in | コメントを残す

DLC ザ・アサインメント その4(25)






その25です。



エリアを進むと謎の上司から通信。前回書いたとおり、ルヴィクは STEM の中にいて外部からの侵入者を駆除しているらしい。



「ルベンについては対処済みだ」の一言が怖いっす(汗)。もうルベンはこの世にいないのかも……。








攻撃できないゲームなのかと思い始めていたところ、斧が落ちていまして、拾ったらスニークキルができる説明あり。



本編で出てきた透明な敵に対してフラッシュライトを当てると視認できるようになり、背後に回ってスニークキル達成。久々のキルはちょっとうれしいかも。








少し進むと床が突然抜けて瓦礫の下敷きになるキッドマン。これはチャンスと、シェード御一行様が寄ってきてかなり危ない状況。



そばに落ちていたハンドガンを拝借して迫りくる敵を撃ちまくります。上画像の奥に赤く映っているのがキャダバーという敵で、赤い状態は爆発寸前を意味します。早く倒さねば!








敵のラッシュを乗り越えて、ようやくジョセフと合流。とは言え、自分の任務を明かせないままなので妙によそよそしいキッドマン。



ちょうどここは本編で言うと、水槽で水責めの刑を受けるキッドマンを救出した後のエリア。本編の流れで言うと、この後セバスチャンも合流して……となります。



DLC を開始してからセバスチャンに全然会っていないので、そろそろ会いたくなった管理人でした。




***




スニークキルから始まり、ハンドガンでラッシュも乗り越えました。やっぱりこうでなくっちゃね。



Posted in | コメントを残す

DLC ザ・アサインメント その3(24)






その24です。



レスリーを発見するもそこに到達する方法がないキッドマン。なんでか分からないけど、指紋認証装置も彼女に反応せず。








探索する先で謎の上司とマルセロ医師との記憶の残像が現れる。この記憶の残像によれば、STEM を作ったのは少年ルベンだったことが判明。てっきり、メビウスが STEM を開発したものだと思っていたけど違うみたいね。



それにしても少年ルベンは凄まじい能力を持っているのね。








上述したけど、レスリーを確保するためにはまず指紋認証装置を何とかしなくちゃいけない。で、しょうがないのでプロファイルを作成することになりました。つまり、再登録ってことね。



登録をしていると通気ダクトが蹴破られて、キャダバーという新敵が登場。ブリッジした状態で歩き回る敵で、発達した肋骨が獲物を抱きかかえるように捕獲し、そのまま自爆するという恐ろしい敵。でーもー、目が悪いらしくてね。音を立てたり、触れたりしなければ見つからない、そんな敵です。








プロファイルを作成していくとキッドマンの情報が抹消されていることが判明。抹消理由は「組織への反抗」……うーん、いつ反抗したっけ?








無事、プロファイルも作成完了し、指紋認証装置もちゃんと動くようになったら、セバスチャンとジョセフを発見。防音ガラスなのかこちらの声が聞こえない様子。








背中に何かを感じたので振り返ればルヴィクが目の前に。ルヴィクはいわゆるファイアーウォールみたいなもの。レスリーを守るために「侵入者」を駆除するプログラムってところなんでしょうね。



今回はキッドマン他2名が「侵入者」ということ。レスリー争奪戦が本格的に開始される瞬間です。








そんなこんなでチャプター1クリア。あれ? チャプター形式だったのね。実績を見たらチャプター2まであるみたいです。見てなかった(汗)。




***




銃撃戦やスニークキルはできず、ほぼスニークで進む感じなのかな? これはこれで緊張感もあり、楽しめるんですが、アイテムも何もないのでちょっと寂しいです。




Posted in | コメントを残す
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Search

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark. Converted by LiteThemes.com.