DAY77(6)



▲77日目



その6です。



77日目開始です。





▲ BIG TREE



エリア南西に位置する COTTONWOOD CREEK というところにやってきました。夕日に照らされるお化けのような巨木が美しいような怖いような。





▲新しいトランシーバー



デライラの指示でここのサプリボックスを開けてみれば新しいラジオが入っていました。盗聴対策みたいです。



どうもヘンリーを襲った輩にデライラとの通信を盗聴されている疑惑があり、デライラが新しいラジオを用意してくれたみたい。でもどうやって? サプリボックスに入れておくならヘンリーに直接渡したほうがいいんじゃない?





▲このテントは一体…



76日目に断念したフェンスの向こうへいく計画。今は斧を持っているのでフェンスの鍵も外せるってもんです。



フェンスで仕切られたエリアにはモニタリング塔やテントが設置され、何かの実験を行っているのか、何かの情報を収集しているように思える。





▲受信機を発見



無人のテントに侵入して受信機を発見。





▲反応あり



試しにスイッチを入れると「ピッ…ピッ…ピッ」と反応する受信機。周囲をうかがってみると、どうやらテント内の机から発信されている模様。





▲2人の身辺調査書類?



散乱するメモをどけてみるとブラックボックスがあり、どうやらそれに反応していたようです。



ブラックボックスの下にはファイルがあり、軽い気持ちでめくってみると…おいおい、デライラとヘンリーの情報がまとまっているじゃないか。誰が何のために2人の周囲を調べているんだ?





▲2人のファイル



2人の名前、年齢、ここに来てどのくらい経過しているのか、などがまとめられている。デライラのところには「 Considering Alcoholism (アルコール依存症の疑いあり)」とか報告されてるし(笑)。





▲怪しいバックパック



一旦、監視塔へ戻ると受信機が反応し始める。受信機を頼りに発信元をたどっていくと怪しいバックパックが置かれている。まさか爆発するんじゃあるまいな。



恐る恐るバックパックを回収するとセットされていた警報器が鳴り出す仕組み。罠を設置した輩にバレバレじゃないですか(汗)。





▲鍵をゲット



警報器を叩き壊して、再びバックパックを調べると「 Cave 452 の鍵」がくっついていたので回収。



Cave 452 はゲーム開始から気になっていた洞窟。ゲートが施錠されていて入れなかったのでちょっとワクワク。





▲完全に翻弄されている気がする



とりあえずもう夜なので監視塔へ戻るとドアにウォークマンが貼り付けてある! こわっ!



ビビリながらも再生してみると盗聴対策のために新しくしたトランシーバーを使った2人の会話が録音されているっていうね。新型にした意味なしじゃん!



何かの警告なのか分からぬまま夜が明けます。




***




いつの間にかミステリーっぽい流れになってきてますけど、姿が見えない敵(という表現は正しくないかな?)の手のひらで転がされている感じが不気味です。



そんな不気味な雰囲気の中でも大自然になぜか癒やされるという、緊張とリラックスという矛盾した雰囲気が妙に心地よい。変な感じですな。



癒やされると言えば、実績解除した際に出てきたアライグマが可愛かった~。








実績としてはもう少しでコンプです。実績よりもストーリーが気になる。



Posted in | コメントを残す

DAY76(5)



▲76日目



その5です。



76日目を開始。ここまでの流れを考えると早く終わってしまいそうだけど、ストーリー実績があるのでおそらくちゃんとしたミッションなんだろうと思ってる。





▲釣りですか?



のっけから釣り竿を片手に湖に向かうヘンリー。森林火災を見回るのが仕事なので、それが発生していなければ何をしても自由なんだね。





▲湖でクリップボードを発見



湖に到着すると岩の上にクリップボードが置いてある。何だこれ?



手に取ると何やらメモがぎっしり。ひと目見たヘンリーは怒りにも似た感情を表す。メモは英語で書いてあるから分からないけど、とにかく何か良からぬことが書いてあることは確か。火がどうのこうのと言っていた気がする。故意に森林火災を起こそうとしている?





▲赤いトランシーバーを発見



少し離れたところで物音がする。恐る恐る行ってみると、そこには赤いトランシーバーが落ちていて。





▲ヘンリー気絶



拾うと突然背後からガーンと衝撃が走って気絶するヘンリー。1日目にライトで照らしてきた人物か?



クリップボードに書かれていること、ヘンリーが襲われたこと、どう考えても何か悪いことを起こそうとしている輩がいることがぼんやりと理解できる。





▲フェンスで仕切られたエリア



で、WAPITI MEADOW とかいう場所へ向かうことになります。ストーリーがいまいち理解できていないので、どうしてここに向かうことになったのかも不明。ひょっとしたらクリップボードのメモに書いてあったのかな?



WAPITI MEADOW に向かうも、まるでエリア51のようにフェンスで仕切られてしまっている。頑張ってフェンスのドアを開けようとしたけど無理なので諦めることに。





▲スノーモービルの残骸



そして、さらにどうしてこうなったのか分からないけど、エリア南東のキャンプ場へ向かうことになったヘンリー。



冬になると雪が降るのか、動かなくなったスノーモービルが乗り捨ててありました。





▲古びたキャンプ場



目的のキャンプ場へ到着。ゲートも古びて、キャンプ場への橋も落ちていて、長く人の手が入っていないことが伺えます。個人的にはこういうところ苦手。





▲完全な廃墟



橋が壊れているので迂回してキャンプ場に到着するもバンガローは朽ちており、完全に廃墟な感じ。



それでも少し歩き回ってみるとメモを発見。英語だし、ここまでのストーリーが理解できていないのでメモを見てもワケワカメ。でも、ヘンリーはそのメモを見て何かを確信したらしい。全く分からん。く、悔しい(汗)。



とりあえずデライラに報告しつつ、傍にあった斧をゲット。



デライラの話を聞いている内に76日目終了。うーん、なんだかなあ。




***




1日目、2日目と同様に目標が立てられ、それを消化していく形に戻りました。



が、ヘンリーがクリップボードのメモを見つけて、誰かに襲われて…となってからの話の流れがどうしても掴めず、完全に置いてけぼり状態。77日目に理解できるといいんだけどなあ。




***




そう言えば、少し前に攻略研究所を利用して UNRAVEL をクリアしたからメールいただきました。ご丁寧なメールありがとうございました。これからも無理せずやっていきたいと思います。メールアドレスの記載がなくお返事できませんでしたので、ここに書かせていただきました。多謝。



Posted in | コメントを残す
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Search

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark. Converted by LiteThemes.com.