DLC ザ・コンセクエンス その4(32)






その32です。



場所がまた変わり、本編でセバスチャンが逆さ吊りにされていた場所へ。サディストがいないと分かっているのに怖いです(汗)。サディスト嫌い。



セバスチャンがどのように動いていたのかという残像を見ながら進みます。








気づけば、ザ・アサインメントで通過した場所に戻ってきています。そして、その中でソードオフショットガンを入手。



喜びも束の間、これ個人的にとっても使いにくいんです。1発撃つごとにリロードが必要だし、そのリロードが遅いのよね。弾薬を詰めた後、片手でカシャンと銃身を持ち上げるモーションが入るんですが、これが遅い要因なのかな~。下動画の30~40秒辺りが分かりやすいと思います。







奥に進んだところ、ドアを開けて突然アンノウンが出てきたときはリロードが間に合わず、ラウラの腕に掴まって死亡。くぅ~何度も殺られました。








DLC の最初、STEM に入る処置をしてもらったところまで戻ってきた。謎の上司にはガッカリされてますが、まあ気にしない。何が正しいのか、キッドマンの信じた道をゆくのみです!




***




ザ・アサインメント、ザ・コンセクエンスとプレイしてきた、DLC 二部作も次回がいよいよラストになると思います。本編ではセバスチャンは STEM から脱出できていたけど、キッドマンはどうなるんだろう?




Posted in | コメントを残す

DLC ザ・コンセクエンス その3(31)






その31です。



DLC ザ・コンセクエンスもチャプター4に入ります。いよいよ物語も終盤。本編でいうチャプター13と同じ時間軸となっていて、荒廃甚だしいホテルを進んでいきます。



本編でセバスチャンがワイヤーの切れそうなエレベーターを落下させるシーンがあり、DLC でキッドマンがエレベーターのドアを開けたら、上からものすごい勢いでエレベーターが落下してくる、というように繋がっているのがなんとも言えない。








「敵に見つからず、不殺でホテルをクリアする」という実績の解除条件があるので、何度もやり直して無事に解除。



単純に敵に見つからず、不殺で行くだけならそんなに難しくないんですが、レスリーを救出しながら進まなきゃいけないので、少ししんどかった。



で、レスリーを救出したらルヴィクが乗り移ってこちらに銃を向けるとかね。








ホテルを出た後の公園。本編だとキッドマンの後ろに立つのはセバスチャンですが、DLC では謎の上司になっています。ひょっとしたら、本編でセバスチャンがいたように見えただけで、実はキッドマンの脳内の出来事だったのかなと思ってみたり。








暴走したレスリーはチカラが抑えきれず、群がる敵に対して衝撃波のみで瞬殺。恐ろしい子ですわ。








頻繁に場所が変わる中、謎の上司とマルセロ医師との記憶の残像。



突然死した被験者の原因を探ると、STEM の中にルヴィクがいることを突き止めた様子。STEM にアクセス(進入)してきた輩を片っ端から始末していくわけだから、メビウスの思惑を根底から覆すわけで、謎の上司も「早く対処するのだ!」と焦りますよね。



ルベンを殺して、脳と内蔵だけにするからこういうことになる。DLC はどのような結末になるのでしょうか。




***




ラストに近づいている感があまりない気がする。やっぱり DLC だからかなあ。



Posted in | コメントを残す
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Search

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark. Converted by LiteThemes.com.