Layers of Fear 始めます(1)






皆さま、お久しぶりでございます。



Tokyo 42 の修正パッチを待っておりましたが一向に配信する気配もないため、次のゲームに取り掛かることにしました。



Layers of Fear をプレイしようと攻略研究所まで準備し、いざ開始しましたら『ゴールド無料でダウンロードしたゲームだからさ、シルバーでプレイするのは無理なのよ!』と通知が来てしまい……仕方なく、ゴールドに復帰した弱虫です(涙)。








はい、というわけで仕切り直し。



物語はよく分かりません。画家となって自分の屋敷をウロウロしながら絵画を完成させるゲーム、なの? 所々に家族との確執が分かるような内容の手紙が置いてあり、それを読む限り、主人公の画家はメンタルがだいぶやられていたような気がしなくもない。



とりあえず事前情報によるとマルチエンディング方式らしく、プレイヤーの行動がエンディングに影響を与えるようです。むー、結構な緊張を伴いますね。



だって、必死こいてクリアしたのにさっきと同じエンディングだった……とか嫌でしょ? 管理人は嫌ですよ(´・ω・`)



というわけで、探りながらのプレイになります。








実績は序盤からポコンポコン来る感じです。ここ1ヶ月はプレイしていませんでしたが、ポコン通知の遅延はなくなったんですかね? 気づけば普通に通知がくるようになってますよね。



上画像は顔だけ毛で覆われた誰かの肖像画を5分見ていると実績解除という場面。意外と正確に5分でした。



んで、その後、絵画を合計1時間見たという実績の解除をするべく、毛で覆われた肖像画を延々眺めておりましたら、35分くらいで解除を確認しました。TA の書き込みを見たらみんな大体それくらいで解除されている様子。








雰囲気はどことなく怖いけど、今のところは声が出たり、カラダがビクッとなるほど驚く場面はなく。恐怖をバンバン前面に出してくるゲームではなく、雰囲気を楽しむゲームかもしれません。



プロローグ、ステップ1(第1章みたいな感じ)をクリアして、未完成のキャンバスに2羽のフラミンゴが加筆されました。こうやって少しずつ加筆されていくのでしょう。



主人公の画家がどうして絵を完成できなかったのかは分かりませんが、それを含めてきっとゲーム中で語られるはず。絵の完成も楽しみにしながら、ビビってプレイしてまいります(笑)!



Posted in | コメントを残す

そろそろ動きましょうか






一度発売を開始した PS4 版の Tokyo 42 はすぐに引っ込んでしまいました。おそらくバグの修正をしていたのだと思われます。



満を持して欧米は8月15日、国内は8月17日に改めて発売されることが正式にアナウンスされました(上のツイート)。で、やっぱり気になるのが箱一版のパッチがどうなっているのかということ。上のツイートに便乗する形で聞いてみたのさ。これがそのやり取り。



管理人「箱一版のパッチも8月17日にリリースされますか?」

開発「いいえ、残念ながらありません。やってるから待ってて。遅くして申し訳ない。」



ということで、やっぱり箱一版は後回しにされました(´・ω・`)MS のチェックが遅い(厳しい?)のかもしれないし、もしかしたらユーザーの数で優先順位をつけているのかもしれないけれど、ちょっと悔しいですね。



***



こうなってくると箱一版 Tokyo 42 の修正パッチがいつリリースされるか分からなくなりました。8月中にはリリースされると思うけど、月末ギリギリになる可能性もあるしね。個人的には今頃にはリリースされていると踏んでいたので完全に目論見を見誤った形。



2つ前のエントリには「パッチ来るまで次のゲームやりません」みたいなことを書いたけれど、さすがに次の準備を進めたほうがいいかなと思っております。とは言え、あと数日でお盆休みに入ってしまうし、とりあえずお盆休み開けから次のゲームプレイを開始しようかと思案中。



バグはしょうがない。だがしかし、実績解除に関わる重大なバグをなぜ発売から4ヶ月以上も放置していたのか。ユーザーから報告もなかったのかな。そこが解せない。あーあ。



***



ブログの PV 数が 160,000 を超えておりました。いつもありがとうございます。とりあえずお盆過ぎからゲームをプレイできるように準備を進めます。



Posted in | コメントを残す
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Search

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark. Converted by LiteThemes.com.